格安スマートフォン

DoCoMo回線使用!いつでもどこででも通信楽々!

 

現代人にとって携帯電話は必需品になっていて、子供から高齢者まで多くの人が所持するようになっています。

 

 

これは固定電話のように電話機のある場所に戻る必要がなく、キャリアによって違いがありますが、日本国内であればほとんどの場所で通話をすることができるからです。

 

 

ここまで普及した携帯電話なので料金に関しても多くのプランが設定されるようになり、出始めた当時のような高い料金設定というイメージは軽減していますが、それでも固定電話と比較すると高いというのがデメリットになっています。

 

 

これは多くのユーザーが抱いている部分ですが、通信環境の維持や技術的な問題から、料金を簡単には下げにくいという状況にあります。

 

 

この問題を解決するために携帯電話市場に参入したのがMVNOと呼ばれる格安スマートフォンであり、LINE MOBILEはこの格安スマートフォンに該当する携帯電話です。

 

 

LINE MOBILEと大手キャリアを比較すると、料金設定で情報量や通話代が同じではありませんが、総合的に半分以下の価格帯を設定しています。

 

 

ここまで安くしていても通信の技術はソフトバンクの回線を利用することで、大手キャリアと遜色がないところを維持しています。

 

 

しかも端末代金も大手と比較すると相当安価になっているので、購入代金を抑えることができるというメリットもあります。

 

 

どうして大手と通信機能に大差が無いのにここまで安くできるのかというと、それは大手のような手厚いアフターサービスを削っているからだと言えるでしょう。

 

 

全く行っていないわけではありませんが、直轄の営業所自体が少なく、端末でトラブルが発生すると対応に手間がかかるというデメリットがあります。

 

 

つまり何も問題なく使用できるのであれば格安スマートフォンの方が費用対効果が大きいのですが、故障や破損をすると直すのに時間と費用がかかるということです。

 

 

また大手キャリアの通信網を利用していても全て同じではないので、場所によっては通信状態が低下する場合もあります。

 

 

ただし携帯電話というのは格安スマートフォンであっても元から一定の強度を保っていて、相当に手荒く扱わないと壊れたり破損するような可能性は極めて低くなっています。

 

 

また通信状態が著しく悪くなる場所というのは、現在の日本ではほとんどありません。

 

 

そのため費用を抑えたいと考えている人を中心に契約者は増加傾向にあり、これからも魅力的なプランを打ち出していくので、もっと発展していくことは間違いないでしょう。

 

LINEモバイル公式アカウントからトーク上で問い合わせも!

 

携帯電話の毎月の維持費は、音声通話と高速データ通信がセットになっているプランを使うと5千円以上掛かるのが一般的です。

 

 

最近では、千円台や2千円台で持つ事が出来る格安スマホが登場した事によって、維持費を大幅に抑えられるようになりましたが、その中でもLINE MOBILEは、月額500円から持つ事が出来て人気を集めています。

 

 

LINE MOBILEのプランは、シンプルでスマートフォンに詳しくない人であってもわかりやすくなっており、LINEフリー・コミュニケーションフリー・ミュージックプラスから選ぶ事が出来ます。

 

 

LINEフリーは高速通信分が1GB付いていて、データSIM(500円)・SMS付きデータSIM(620円)・音声通話SIM(1200円)の3タイプがあります。LINEが無料で使う事が可能で、音声通話・トークに加えて通信容量を消費しやすいビデオ通話などを使う事が可能です。

 

 

LINEをスマートフォン利用の軸に置いている人に特におすすめで、携帯電話料金を出来る限り割安に抑えたい人にも向いています。

 

 

コミュニケーションフリーは、データSIMと音声通話SIMの2タイプがあり、それぞれ3GB・5GB・7GB・10GBの高速通信容量を使えます。

 

 

データSIMは1110円から、音声通話SIMは1690円から持つ事が可能で、LINE・ツイッター・フェイスブック・インスタグラムといった人気SNSの無料通信もセットになっており、一部コンテンツは無料適用外になる点には注意しましょう。

 

 

ミュージックプラスは、LINEMUSICと上記4SNSを無料で楽しむ事が可能で、SMS付きデータSIMは1810円から、音声通話SIMは2390円から提供されています(コミュニケーションフリーと同様に4種類のギガ数から選択可)。

 

 

LINEMUSICを使う際の注意点は、サービス利用時の通信料が無料になっている事であり、別途LINEMUSICオプションが毎月750円必要となります。

 

 

LINE MOBILEの音声通話は、他格安スマホ事業者と同様に30秒ごとに20円の通話料が必要な従量制を採用していますが、少しでも通話料を抑えたい人向けに月額880円・10分までなら何度でも電話がかけ放題になるオプションが準備されています。

 

 

このオプションは、いつでも電話と呼ばれるLINE MOBILEが提供しているアプリを使って通話する必要があり、10分を超過した場合は30秒ごとに10円の通話料金が掛かります。

 

  

印鑑激安通販ショップ

スーパーハンコ フジメディカル ドルチボーレ
赤ちゃんの肌トラブル対策に無添加ベビーソープで家族みんなも使えます。
アイムピンチ かしてどっとこむ ポーラ通販
ポーラのコスメラインの人気ブランドをお求めやすい価格で購入することができるPOLAショップ。